コラム
» 2020年07月23日 08時00分 公開

業界最高のAIとおもてなし:Uber Eatsを超える? フィンランド発フードデリバリー「Wolt」が躍進 (1/5)

フードデリバリーサービス「Wolt」が、日本で本格的にスタートした。フードデリバリーといえば「Uber Eats」や「出前館」などを想像する人が多いかと思うが、「Wolt」はどのような特徴があるのか。担当者に話を聞いた。

[小林香織,ITmedia]

 2020年3月に広島、6月に札幌でサービス提供を開始した、注目のフードデリバリーサービス「Wolt」。創業者はフィンランドの若手起業家・Miki Kuusi氏(30歳)で、彼はヘルシンキや東京で開催されている世界最大級のスタートアップイベント「Slush」の生みの親でもある。

 Supercell CEO、Skype創業者、Nokia会長といった、そうそうたるメンツからの資金援助も受けており、調達額の総額は2.8億ドル(約300億円)を超える。

フードデリバリーの「Wolt」は、創業から6年で22カ国80都市に展開

 フードデリバリーでは後発と言われがちのWoltだが、実はサービス提供開始は、ほぼUber Eatsと同時期の14年。東のUber Eats、西のWoltとも言われ、火花を散らしているようだ。

 創業から6年で22カ国80都市に展開、FinancialTimes(英)が選ぶ「Europe’s Fastest Growing Companies 2020」で2位に選出されるなど、躍進する理由とは――。ヘルシンキ本社の広報担当者、そして日本支社の1号社員である新宅暁氏に話を聞いた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -