ニュース
» 2020年07月30日 15時50分 公開

コロナ禍で続く逆風:上場外食企業の6月売上高、9割が前年比マイナス――日本マクドナルドなど減

上場している外食企業の6月売上高を集計。9割の企業で全店実績が前年同月を下回った。帝国データバンクが調査。

[ITmedia]

 帝国データバンクが上場している外食系企業の6月売上高を集計・分析したところ、約9割の会社で全店実績が前年同月を下回った。比較的好調だった日本マクドナルドホールディングスや日本KFCホールディングスなどもマイナスに転じた。

photo 外食企業にも吹くコロナ禍の逆風(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

多くの企業では減少幅縮小、ただ……

 一方、多くの企業では5月に比べ前年比の減少幅が縮小する結果にもなった。緊急事態宣言の終了などで客足が比較的戻った影響と見られる。ただ、7月は新型コロナウイルスの感染者数が再拡大する逆風が吹いており、東京都などで休業要請がまた出る可能性もある。外食産業にとっては予断を許さない状況が続く。

 調査は帝国データバンクが公式サイトなどで月次売上高を公表している外食系の上場企業、もしくはそのグループ中核企業計60社について集計・分析した。直営店のみを掲載している企業ではその数値で、直営とフランチャイズ店との合計を出している企業ではその値を用いた。

 6月の全店実績が前年同月を下回ったのは、88.3%に当たる53社となった。一方で、5、6月ともに前年同月より売上高が落ち込んだ51社に絞って分析すると、うち50社で減少幅が縮小する結果となった。

photo 上場している外食企業の6月全店実績データ(帝国データバンク調査)
photo 上場している外食企業の6月売上高(全店実績。帝国データバンク調査)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -