3分Biz.
ニュース
» 2020年08月27日 14時15分 公開

キリン、糖質ゼロのビール10月発売 健康意識の高まり背景に酒税法改正に商機を見いだす

キリンビールは糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、売り上げの拡大を狙う。また、コロナ禍で健康意識も高まっていて、それらのニーズにも応えられるとしている。

[ITmedia]

 キリンビールは8月27日、糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、新商品を投入し売り上げの拡大を狙う。2020年は大びん換算で120万ケースの販売を目指している。

キリン一番搾り 糖質ゼロ

 コロナ禍の外出自粛により、コロナ太りを気にする人が増えるなど、健康意識が高まっている。同社が扱う糖質オフやゼロといった発泡酒や第3のビールの販売数量は、1〜7月で前年比5%増加しているという。

健康意識のトレンド

 ビールは麦芽の使用比率が高く、糖質ゼロにすることが難しいという。そこで今回キリンは、開発期間に5年を要し、350回以上の試験醸造を繰り返した。原料には糖質低減に適した麦芽を採用し、仕込みや発酵技術を進化させ、糖質ゼロを実現した。

 キリンでは、10月からの酒税法の改正でビールを手に取る人が増えると見込んでいて、健康志向のニーズに合った新商品を出すことで、ビール類全般の活性化につなげたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -