3分Biz.
ニュース
» 2020年09月08日 10時45分 公開

10月にはホノルル線就航も:JAL系LCCのジップエア、ソウル線で貨物専用便運航 旅客便は9月中の就航目指す

JAL傘下のLCCジップエアは、9月12日より東京ーソウル線を貨物専用便として就航すると発表。韓国からの機械部品などを運ぶ。ソウル線は旅客便としての就航を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期を発表していた。旅客便は9月中の就航を目指している。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)、ジップエア トーキョー(千葉県成田市)は9月7日、東京(成田)ーソウル(仁川)線を9月12日から貨物専用便として就航すると発表した。同社は、7月1日に旅客便としてソウル便を就航する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を発表していた。旅客便としての運航が決まらない中、貨物輸送に一定程度の需要があると見込み、運航を決めた。

東京ーソウル線を貨物専用便として運航(出所:ジップエアウェブサイト)

 東京ーソウル線は週5往復で、主に韓国から日本経由で北米へ送られる機械部品などを運送する。関係当局の認可が取得できれば、旅客便の就航は9月の開始を目指しているという。帰国や赴任、出張など、ビジネス客の需要があると見込んでいる。

ジップエアウェブサイト

 中長距離の国際線を運航するLCCとして18年7月に設立されたジップエアは、初の路線として5月14日に東京(成田)ーバンコク(スワンナプーム)線の就航を予定していたが、新型コロナウイルスの影響によって延期。6月3日に貨物専用便としてバンコク線の運航を開始していた。また同社は、10月25日にホノルルへの就航を目指し手続きを進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -