ニュース
» 2020年09月17日 08時45分 公開

メガバンクでも:みずほ銀でも、過去に不正出金 「速やかに対応済み」

みずほ銀行でも、過去に複数の決済サービスを介して、みずほ銀行の預金口座から不正に出金される被害が発生していたことが明らかに。具体的な決済サービス名、時期、被害額などは明かしていない。

[ITmedia]

 みずほ銀行は9月16日、過去に複数の決済サービスを介して、みずほ銀行の預金口座から不正に出金される被害が発生していたと発表した。具体的な決済サービス名、時期、被害額などは明かしていないが、「事象認識後速やかに対応済み」としている。

photo みずほ銀行でも過去に不正出金の被害が発生していた=写真提供:ロイター

 ドコモ口座をはじめ、決済サービスを利用した不正出金の被害が相次ぐ中、銀行・決済事業者がセキュリティの状況について、説明に追われている。

 みずほ銀行のネットバンキング「みずほダイレクト」では、ドコモ口座と連携する場合、お客さま番号、ログインパスワード、ワンタイムパスワードなどのいずれかを入力する必要があり、「第三者に盗まれない限り不正な登録は困難」という。

 みずほダイレクトを利用していない顧客にも、キャッシュカードの暗証番号に加え、通帳残高の入力を求めるなど、二要素認証を導入している。

photo みずほ銀行のWebサイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -