ニュース
» 2020年09月29日 08時00分 公開

オフピーク銭湯:老舗銭湯、逆転発想で「密を見える化」 広告代理店から転職、異色の“銭湯革命児”がひらめいた秘策 (1/3)

「今日は混んでいますか、という電話がとても多かったです」――コロナ禍で換気・消毒などの作業が増える中、人気銭湯「小杉湯」が直面したのはそんな課題だった。そんな中、思いついたのは時間ごとに混雑状況が分かるグラフを、Twitterなどで発信する「オフピーク銭湯」の取り組み。約12年間勤めた外資系広告代理店を辞めて小杉湯に転職したという異色のキャリアを持つ仕掛人、菅原理之さんにその背景を聞いた。

[秋山未里,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染拡大の中で、銭湯はさまざまな問題に直面している。多い日には1日1000人以上が訪れる、昭和8年(1933年)創業の銭湯「小杉湯」(東京・高円寺)も例外ではなかった。

photo 高円寺の老舗銭湯「小杉湯」

 「今日は混んでいますか、という電話がとても多かったです」と話すのは小杉湯の菅原理之さん。新型コロナの影響で客数が減り、経営の見直しや、換気・消毒作業に時間を割きたいのに、電話の対応に追われる。「ずっと電話に対応することはできない。しかし、利用者の不安も減らしたい」というジレンマを抱えていた。

 番台が数時間で交代する勤務体制なので、混雑時間の把握は難しかった。センサーで人数をカウントする方法、券売機の導入、手動での計算などを検討したが、いずれもコストを考えると現実的ではなかった。

 そんな中で思い付いたのが、時間ごとに混雑状況が分かるグラフを、Twitterなどで発信する「オフピーク銭湯」の取り組みだった。

 オフピーク銭湯は、過去の利用者数と売上高のグラフを公開し、比較的混雑しない時間帯を知ってもらう取り組みだ。曜日ごとのデータ、昨日のデータを参考に、利用者が空いていそうな時間帯に来店できるよう後押しする。

 表示するグラフは、決済で使っているPOSアプリ「Airレジ」のものだ。本来は店側が時間帯ごとに売上を把握するために使う機能だが、グラフから具体的な数値を取り除いて、利用者にSNSで公開した。逆転の発想だった。

photo 小杉湯の休憩コーナーで話す菅原さん。外資系広告代理店から銭湯に転職した、異色のキャリアの持ち主だ

 小杉湯では2019年からバックオフィス業務を見直し、IT化を進めている。オフピーク銭湯で活躍したAirレジも、その際に導入したものだ。仕掛け人は菅原さんだ。

バックオフィスの見直しで、作業量が半分から3分の1に

 菅原さんが小杉湯に入社したのは19年9月。学生時代に起業、ITベンチャーを経て、外資系広告代理店に約12年間勤務。そこから銭湯に転職した、異色のキャリアの持ち主だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -