ニュース
» 2020年10月01日 13時18分 公開

不正アクセスで:東映ビデオ、クレジットカード情報1万件が漏えいの可能性

東映ビデオは9月30日、同社が運営する「東映ビデオ オンラインショップ」が不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報1万395件(1万21人分)が漏えいした可能性があると発表した。流出した可能性があるのは、2019年5月27日〜20年5月11日に同サイトでクレジットカード決済をした顧客のクレジットカード情報。

[ITmedia]

 東映ビデオは9月30日、同社が運営する「東映ビデオ オンラインショップ」が不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報1万395件(1万21人分)が漏えいした可能性があると発表した。

 漏えいした可能性があるのは、2019年5月27日〜20年5月11日に同サイトでクレジットカード決済をした顧客の情報。具体的には、クレジットカード名義人名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード。

photo 停止中の東映ビデオオンラインショップ

 同社は5月11日、クレジットカード会社から決済代行会社を通じ、利用者のカード情報が漏えいしている可能性があると指摘を受け、オンラインショップの全てのサービスを停止していた。

 同社は公式サイトで、公表が遅れたことを謝罪。「クレジットカード情報の漏えいの有無について、カード会社などと見解の相違がある中、不確定な情報の公開はいたずらに混乱を招く」として、カード会社との連携を整えた上で発表したという。

 9月30日から情報が漏えいした可能性がある利用者に、電子メールなどで個別に連絡を行っているという。調査結果を踏まえ、現行システムの破棄、サーバを含めたシステムの移行、監視体制の強化など、再発防止に努めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -