ニュース
» 2020年10月14日 07時00分 公開

株価二番底はない? 今の株価がバブルではないワケ(1/3 ページ)

「二番底は来ないのかとよく聞かれるが、今想定される範囲内では、大きく下がる理由はほとんどない」。日興アセットマネジメントの記者向けセミナーで、チーフストラテジストの神山直樹氏は、このように話した。

[斎藤健二,ITmedia]

 「二番底は来ないのかとよく聞かれるが、今想定される範囲内では、大きく下がる理由はほとんどない」。日興アセットマネジメントの記者向けセミナーで、チーフ・ストラテジストの神山直樹氏は、このように話した。

 背景にあるのは、経済指標の急速な回復だ。例えば米国の雇用統計を見ると、リーマンショック時には800万人の雇用が2年かけて失われ、回復には4年半かかった。ところが今回のコロナショックでは、2カ月間で一気に2000万人減って、すでに半分が戻ってきている。

 米国の小売売上高もそうだ。コロナ禍で大きく下がったが、そこから急回復。すでにコロナショック前を超えている。「消費が足りない」というエコノミストもいるが、それはコロナで落ち込んだ分の反動を見ると「足りない」という考え方だ。

急激な落ち込みを見せた米国の雇用(非農業部門雇用者数)だが、回復も急だ(日興アセットマネジメント資料より)
米国の小売売上高は、既にコロナ前の水準を超えている(日興アセットマネジメント資料より)

 「世界経済がいろいろな景気指標で安定している。経済がだんだん普通に戻っていく道のりを想定している株価は、バブルではないし適切だ」(神山氏)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -