メディア
ニュース
» 2020年11月04日 15時53分 公開

TOUCH TO GO:ファミマ、無人決済店舗を来春開店へ 小さな商圏への出店狙う

ファミリーマートは11月4日、無人決済店舗のシステムを開発するTOUCH TO GO(東京都・港区)と業務提携したと発表した。2021年春頃に、ファミリーマートの無人決済店舗1号店を開店する予定だ。店舗の運営コストや従業員の作業負荷の軽減と、新たな店舗形態による商圏の小さな場所への出店を狙う。

[ITmedia]

 ファミリーマートは11月4日、無人決済店舗のシステムを開発するTOUCH TO GO(東京都・港区)と業務提携したと発表した。2021年春頃に、ファミリーマートの無人決済店舗1号店を開店する予定だ。店舗の運営コストや従業員の作業負荷の軽減と、新たな店舗形態による商圏の小さな場所への出店を狙う。

photo 右からTOUCH TO GOの阿久津智紀社長、ファミリーマートの澤田貴司社長、TOUCH TO GOの波川敏也副社長。TOUCH TO GO高輪ゲートウェイ店にて=ニュースリリースより

 TOUCH TO GOの無人決済システムは、店舗に設置したカメラの情報などから買い物客が手に取った商品をリアルタイムに認識する。出口にある決済エリアに買い物客が立つと、タッチパネルに商品と購入金額を表示し、決済を促す。商品は、買い物客がバックなどに入れていても識別できる。買い物客は、商品スキャンの必要がないため短い時間で、店員と接触することなく利用できる。

photo 無人決済システムの利用イメージ

 TOUCH TO GOは、JR東日本スタートアップとサインポストが2019年7月に共同で設立。これまで、同社が運営するJR高輪ゲートウェイ駅構内の店舗や、JR目白駅近くの紀伊國屋が運営するスーパーなどに無人決済システムを導入している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -