メディア
インタビュー
» 2020年10月22日 07時00分 公開

レジ待ち渋滞も解消:“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る (1/4)

イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。

[秋山未里,ITmedia]

 イオンのレジに革命が起きている。

 買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。手に持って使えるだけでなく、専用カートに設置した状態でも使える。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。

photo レジゴーを利用する様子。バーコードに貸し出しスマホを近づけると、簡単にスキャンできる

 買い物客は利用中、かごに入れた商品の一覧と合計金額を画面で確認できる。スキャンした商品を取りやめる操作も簡単なので、ネットでは「節約できる」「買いすぎ防止になる」と評判がいいが、その分「店舗の売り上げが減るのではないか」という指摘も上がっている。

 しかし、イオンリテールの山本実さん(執行役員兼システム企画本部長)によると、むしろ「レジゴーを導入した全ての店舗で客単価が上がっている」という。買い物客にとっても、店舗にとっても、Win-Winの仕組みなのだ。なぜ、客単価が上がるのか。導入の経緯も含めて、話を聞いた。

photo 商品の一覧と合計金額が確認できるレジゴーの画面。専用カートに設置するとハンズフリーで操作できる

客単価が向上 思いもよらない導入効果

 イオンが初めてセルフレジを導入したのは2004年。それ以来、レジの切り替え時に導入を進めてきた。しかし混雑する時間は、セルフレジでもレジ待ちの列ができていた。18年から「待ち時間をさらに短く、買い物をより楽しく」するためにレジゴーの構想を練り、19年から順次導入。現在は14店舗に導入している。

 レジゴーを使用することでレジでのスキャン作業がなくなり、導入店舗では待機の列が激減した。従業員は、商品をスキャンするだけの時間が減り、商品場所の案内や、レシピの提案、システム利用方法の説明など、買い物客と会話をする機会が増えたという。新型コロナウイルスの影響で、非接触のシステムに興味を持つ利用者も多く、利用率は上がっている。

 「高速道路のインターチェンジは、ETCのレーンが増えて渋滞が少なくなりました。同じようにレジゴーがレジ待ちの渋滞を防いでいます」(山本さん)

photo イオンリテール執行役員兼システム企画本部長の山本実さん

 レジゴーの導入は、売り上げアップにもつながった。導入した全店舗で、売り上げた商品数が増え、客単価が約15〜20%向上したという。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -