メディア
インタビュー
» 2020年10月22日 07時00分 公開

レジ待ち渋滞も解消:“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る (2/4)

[秋山未里,ITmedia]

 山本さんによると、購入が増えているのは調味料など、買い物客がよく買い忘れてしまう商品。買い物客はレジゴーの画面から購入商品の一覧を見ることで、買い忘れに気が付くことが多いという。

 「全部メモをして買ったつもりなのに忘れている、ということは結構あると思います。スーパーで買い物を終えた後、自宅の近くのコンビニエンスストアやドラッグストアで買い足しをしている方が多いことは分かっていましたが、買い忘れを防ぐことで非常に大きい(売り上げへの)インパクトがあることがレジゴーの導入で分かりました」(山本さん)

photo レジゴー専用レジで決済をする様子。QRコードを読み込むとスキャンした商品情報がレジに転送される

万引き・スマホの盗難は?

 新しいシステムにはトラブルが付き物だ。特に大量に設置したスマホや、利用者自身が商品をスキャンする様を見ると「スマホを盗られないのだろうか」「スキャンする商品の数をごまかす利用者がいるのではないか」といった疑問が浮かぶが、大きな問題は起きていないという。

 「最初のうちはスマホがなくなることもありました。転売目的で盗んだ方もいたかもしれませんが、店舗の外では全く使えない仕組みにしているので、そういったことは減りました。また、返却を忘れてそのまま持ち帰った場合は、次の日には戻ってくることが多いです」(山本さん)

photo レジゴー専用のスマホ。記者が取材した「イオンスタイル有明ガーデン」には、120台設置している。

 万引きを含む商品ロスの割合は、レジゴーを導入している店舗の方が、導入していない店舗よりも低いという。山本さんは「日本人は真面目で、わざわざ自分で機器を使ってスキャンや決済をセルフで行う中で、(意図的に)決済をしない方はほとんどいない」と話す。

 「2000年代半ばにセルフレジの導入を進めた際も同じようにリスクを問われましたが、現実はほとんどロスの変化はありませんでした。むしろこの10年余りでロスの量はずっと改善しています」(山本さん)

 一方で、スマホの盗難や商品の万引きとは別の問題が出てきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -