ニュース
» 2020年11月11日 18時00分 公開

東京商工リサーチ調査:飲食業の倒産730件、過去最多ペース 居酒屋など既に前年超え (1/2)

飲食業の倒産が10月までに730件。通年で過去最多を更新する可能性が高い。東京商工リサーチ調査。

[ITmedia]

 東京商工リサーチの調査によると、飲食業の1月〜10月の倒産件数(負債1000万円以上)が730件に達した。同社によると、このペースで推移した場合、これまで通年で最多だった2011年(800件)を上回ることになる。「年間で最多件数更新が確実になった。大幅に更新する可能性が高い」(同社)としている。

photo コロナ禍で居酒屋の倒産が急増(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

居酒屋は150件

 特に居酒屋などの倒産は既に19年の件数を超える結果となった。コロナ禍による業績不振に耐えられなかった飲食店は、今後も続出するとみられる。

 1月〜10月に倒産した飲食店は730件で、前年同期比9.2%増となった。4月〜6月は199件(同2.4%減)と少なめだったものの、7月〜9月には同14.4%増の237件と大幅に増えた。

photo 飲食業の倒産件数推移(東京商工リサーチ「飲食業の倒産動向調査」)

 コロナ禍による自粛ムードや休業・時短営業などが直撃した。行政などの資金面での支援の効果も続かず、中小・零細を中心に倒産が相次いだとみられる。実際、東京商工リサーチによると倒産した飲食業の企業の約9割が負債1億円未満だった。

 飲食業を10業種に分けて分析すると、7業種で前年同期を上回った。特に「酒場・ビヤホール(居酒屋)」が150件となり、19年通年の倒産数をすでに超えている。他にも「そば・うどん店」(16件)、「すし店」(25件)、「宅配飲食サービス業」(34件)で既に前年の件数を上回った。

photo 飲食業の業種別に見た倒産件数(東京商工リサーチ「飲食業の倒産動向調査」)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -