3分Biz.
ニュース
» 2020年12月03日 16時33分 公開

マツダ、主力SUV「CX-5」「CX-8」を改良 出力向上で力強い加速に主力モデルの利便性向上(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

3列シートSUV「CX-8」は機能面も強化

 CX-8は、3列シートが特徴のモデルとして17年に発売。マツダの国内最上位クロスオーバーSUVとなる。

商品改良した3列シートSUVの「CX-8」

 CX-8の商品改良モデルは12月17日に発売する。CX-8も、CX-5と同様に走行性能を向上。「SKYACTIV-D 2.2」搭載車の出力向上に加えて、「SKYACTIV-DRIVE(6AT)」搭載車のアクセルに対する応答性を高めた。

 機能面では、リアバンパー中央下部に足を出し入れするとリアゲートが自動開閉するハンズフリー機能付きパワーリフトゲートや、フロントコンソールにスマートフォンを置くだけで充電可能なワイヤレスチャージャーを設定。CX-5と同様に、センターディスプレイのサイズ拡大や車載通信機の標準設定も行っている。

マツダ「CX-8」。利便性の高い機能を追加した

 上位グレードではデザインも変更。フロントグリルの形状を変更したほか、ボディーカラーに新色「プラチナクォーツメタリック」を専用設定した。また、最上位グレード「Exclusive Mode」専用装備として、19インチアルミホイールやフロントバンパーのデザインを改良したほか、ワイド感の増したテールパイプを採用した。Exclusive Modeには、6人乗り仕様に加えて7人乗り仕様も追加設定している。

 希望小売価格(税込)は299万4200円〜510万9500円。

マツダ「CX-8」のインテリア
マツダ「CX-8」のインテリア
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -