日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年12月23日 13時19分 公開

リモートワーク推奨車両を設定:JR東日本、「新幹線オフィス」の実証実験を実施 21年2月、座席でWeb会議も可能に

JR東日本は2021年2月、新幹線の車内にWeb会議も可能なリモートワーク空間を設ける実証実験を実施する。リモートワーク環境や課題を検証し、移動中でも快適に仕事ができる「新幹線オフィス」構築の検討を進める。

[ITmedia]

 JR東日本は12月22日、新幹線の車内にWeb会議も可能なリモートワーク空間を設ける実証実験を2021年2月に実施すると発表した。リモートワーク環境や課題を検証し、移動中でも快適に仕事ができる「新幹線オフィス」構築の検討を進める。

JR東日本が新幹線にリモートワーク空間を設ける実証実験を実施

 実証実験は、21年2月1〜26日に実施(土休日を除く)。「やまびこ」と「はやぶさ」で実施し、2月1〜12日は1日上下8本、15〜26日は上下10本が対象列車となる。

実証実験の対象列車(出典:ニュースリリース)

 実験の対象列車では、座席での通話が可能な車両を「リモートワーク推奨車両」として1両ずつ設定。Web会議を利用することもできる。対象列車の利用に必要な乗車券と新幹線特急券を持っていれば、追加料金は不要となる。

 リモートワーク推奨車両に座席指定はないが、仕事に集中できるようにするため、利用可能な座席は限定する。例えば、1列がA〜E席の5席であれば、窓際のA席とE席、通路側のC席のみ使用可能となる。

リモートワーク推奨車両の座席例(出典:ニュースリリース)

 車内では、個別の通信ルーターの貸し出しなど、リモートワークのためのツールを試す機会も提供するという。

 実証実験で利用動向やニーズ、課題を検証し、より快適なリモートワーク環境の提供を目指す。また、リモートワーク環境以外にも、輸送サービスにさまざまな付加価値をつけた新サービスの検討を進めていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -