ニュース
» 2020年12月24日 09時37分 公開

再建難しい:飲食業の倒産810件、過去最多を塗り替える

東京商工リサーチは12月23日、2020年1月〜12月22日までの飲食業倒産(負債1000万円以上)は、累計810件に達していることを明らかにした。

[ITmedia]

 東京商工リサーチは12月23日、2020年1月〜12月22日までの飲食業倒産(負債1000万円以上)は、累計810件に達していることを明らかにした。年間で過去最多だった11年の800件をすでに上回り、過去最多を塗り替えた。

飲食業の倒産件数推移(出典:東京商工リサーチ)

 「食堂、レストラン」と「バー、キャバレー、ナイトクラブ」の2業種を除く8業種で、前年の件数を上回った。新型コロナ感染抑制のために、休業や時短営業を要請された「酒場、ビヤホール(居酒屋)」は168件と、これまで最多だった12年(141件)を大きく上回った。

 資本金別でみると、倒産した810件すべてが資本金1億円未満の中小・零細企業。形態別では、破産が767件(構成比94.6%)と大半を占め、「再建が難しいことを示している」(東京商工リサーチ)

飲食業が苦戦している

 原因別のトップは、「販売不振」で688件(前年比3.1%増)。次いで、「既往のシワ寄せ(赤字累積)」36件(同28.5%増)、「事業上の失敗」30件(同21.0%減)と続いた。「『不況型倒産』(既往のシワ寄せ+販売不振+売掛金等回収難)は724件で、構成比は約9割(89.3%)を占めた。感染状況の悪化による自治体などの時短営業要請に加え、忘年会の自粛などもあり、年末年始にかけて体力のない企業の淘汰がさらに進む可能性もある」(東京商工リサーチ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -