3分Biz.
ニュース
» 2020年12月25日 14時40分 公開

お土産需要も:JR東海、「N700S」デザインのアイスクリームスプーン発売 “シンカンセンスゴイカタイアイス”に対応

ジェイアール東海パッセンジャーズは12月26日、「N700S アルミアイスクリームスプーン」を発売する。車内販売で人気のアイスクリームを少しずつ溶かしながら食べられる。アイスクリームと一緒に購入するニーズやお土産需要を取り込む。

[ITmedia]

 JR東海の子会社で東海道新幹線の車内販売などを手掛けるジェイアール東海パッセンジャーズは12月26日、「N700S アルミアイスクリームスプーン」を発売する。車内販売で人気のアイスクリームを少しずつ溶かしながら食べられる商品。東海道新幹線の車内限定で販売し、アイスクリームと一緒に購入するニーズやお土産需要を取り込む。

かたいアイスクリームもすくいやすい「N700S アルミアイスクリームスプーン」を発売(出典:ニュースリリース)

 「N700S アルミアイスクリームスプーン」は、2020年7月に13年ぶりにフルモデルチェンジして導入した新型車両「N700S」のロゴマークと車両イラストをデザインした商品。かたいアイスクリームも少しずつ溶かしながらすくえるように、アルミ製にして、スプーンを持つ手から体温が伝わるようにした。

手の熱が伝わることで、アイスクリームが溶けやすくなる(出典:ニュースリリース)

 東海道新幹線の車内で販売している「スジャータアイスクリーム」は、スプーンが入らないほどカチカチに冷えていることで知られ、インターネット上などでは「シンカンセンスゴイカタイアイス」と呼ばれて親しまれている。室温で溶かしてから食べる、少しずつ削って食べるなど、“食べ方”が話題になることも多い。今回、車内販売を行う同社自らが食べ方の方法の一つを提案した形だ。

 価格は税込600円。東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の車内で販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -