3分Biz.
ニュース
» 2021年01月07日 16時42分 公開

Switchとプレステ5の売れ行きは:家庭用ゲーム、年末商戦の結果は? ファミ通が発表

2020年12月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売り上げランキングをファミ通が発表。年末商戦の結果は?

[ITmedia]

 ゲーム情報誌の「ファミ通」は1月7日、2020年12月における国内家庭用ゲームソフトとハードの売り上げランキングを発表した。集計期間は20年11月30日〜12月27日。

桃太郎電鉄が絶好調(出所:コナミ公式Webサイト)

 家庭用ゲームハードの1位は「Nintendo Switch」(97万5797台)で、2位の「プレイステーション5」(5万3715台)を大きく引き離した。ファミ通はSwitchを「年末商戦をけん引した存在」だと位置付けた。

 家庭用ゲームソフトの1位は「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」(Switch、76万597本)で、「あつまれ どうぶつの森」(Switch、33万1406本)、「リングフィット アドベンチャー」(Switch、20万7194本)と続いた。桃太郎電鉄は2カ月連続で首位を獲得している。また、コロナ禍による巣ごもり需要を受け大ヒットしたあつまれ どうぶつの森は1年を通じて売れ続けた。

 ファミ通は、年度末にかけて「モンスターハンターライズ」などの登場により、ゲーム市場がさらに盛り上がることが期待されるとしている。



ランキングの結果(出所:リリース)
ランキングの結果(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -