ニュース
» 2021年01月12日 12時40分 公開

22年には売上高1兆円を目指す:マスクだけで200億円! アイリス、売上高は過去最高の6900億円 (1/3)

アイリスオーヤマは1月7日、同社を含むグループの2020年度決算の速報値を発表。グループ29社全体の売上高は、過去最高の6,900億円(前年比38%増)、経常利益9.0%で増収増益となる見込みだ。アイリスオーヤマ単体での売上高も過去最高の2185億円(同36%増)、経常利益は2.2倍の270億円となった。コロナ禍で好調となった背景には何が

[上間貴大,ITmedia]

 アイリスオーヤマは1月7日、同社を含むグループの2020年度決算の速報値を発表した。グループ29社全体の売上高は、過去最高の6900億円(前年比38%増)、経常利益9.0%で増収増益となる見込みだ。

 アイリスオーヤマ単体での売上高も過去最高の2185億円(同36%増)、経常利益は2.2倍の270億円となった。好調の要因として同社は、新型コロナウイル感染対策で需要が増えているマスクやサーキュレーターのほか、巣ごもり需要による液晶テレビや電気圧力鍋などの生活・調理家電、テレワーク需要によるデスクやチェア、ディスプレイモニターなどの売り上げが伸びたことをあげる。

アイリスオーヤマ公式Webサイト

 アイリスオーヤマは、新型コロナウイル感染拡大や長期化に伴い、マスクの生産体制を強化している。20年の累計生産数は約26億枚。販売実績は200億円に上った。中国の大連工場と蘇州工場の2拠点に加え、7月には、宮城県の角田工場にマスク生産設備を導入。日本国内で月に2億3000万枚を供給できる体制を構築した。また、中国での感染拡大時に、マスクの資材である不織布の調達が困難になった経緯を踏まえて、同工場内に資材製造設備を導入している。

 さらに、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、品薄状態が続く「除菌ウェットティッシュ」の生産に向け、10億円を投じて角田工場内に生産設備を導入。21年秋の稼働を予定している。その他、米、仏、韓国の各工場にもマスク生産設備を導入し、グローバルで月約5億枚の供給体制を構築している。

 新型コロナウイル感染対策関連の商品では、マスクのほか、室内の換気に使うサーキュレーターの販売実績が70億円、非接触で体温を測定するAI(人工知能)サーマルカメラが32億円などとなった。

コロナ関連で売り上げを伸ばした商品(2020年アイリスグループ決算速報説明会資料より)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -