3分Biz.
ニュース
» 2021年01月21日 17時30分 公開

3密回避で店舗を貸し切り アウトドア専門店が「No密」サービス開始開店前の1時間

アウトドア用品販売店などを運営する好日山荘は、店舗を貸し切って買い物ができるサービスを開始すると発表した。新型コロナウイル感染拡大により、人との接触が避けられる中、密にならないサービスとして展開する。

[上間貴大,ITmedia]

 登山・アウトドア用品専門店などを運営する好日山荘(神戸市)は1月21日、店舗を貸し切って買い物ができるサービスを開始すると発表した。新型コロナウイル感染拡大により人との接触が避けられる中、密にならないサービスとして展開する。

店舗貸し切りで「No密」ショッピング(出所:プレスリリース)

 広報担当者によると、今回の貸し切りサービスは年配層をターゲットとしていて、オンラインショッピングなどに慣れていない人や、実際に商品を試したいお客の利用を見込んでいるという。同社のメインターゲットは40代前後で、登山愛好家は30〜60代が多いと話す。

 対象店舗は、銀座好日山荘、池袋西口店、センタープラザ神戸本店の3店舗。受付人数は店舗によって異なり、銀座好日山荘は1日2組、池袋西口店は1日4組、センタープラザ神戸本店は1日3組となっている。各店舗営業前の1時間を利用してサービスを展開する。

予約方法(出所:プレスリリース)

 好日山荘は2020年11月、物販からアウトドアの体験や情報までを取り扱うECモール「GsMALL」を設立し、デジタル対応を加速させている。広報担当者は「オンラインと同様に、実店舗での体験や価値を大切にしたい」とサービス開始の経緯を話す。

20年11月に複合型プラットフォームを設立(出所:プレスリリース)

 サービスの予約は、専用のWebサイト、もしくは電話で受け付けるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -