金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年02月08日 17時10分 公開

ジャパンネット銀行、500万口座達成

ジャパンネット銀行は2月5日に、普通預金口座数が500万口座を超えた。400万口座突破は2018年。約2年で100万口座増加した。口座数に比例して決済件数も増加しており、20年は2万3000件超の決済が行われた。

[斎藤健二,ITmedia]

 ジャパンネット銀行は2月5日に、普通預金口座数が500万口座を超えた。400万口座突破は2018年。約2年で100万口座増加した。口座数に比例して決済件数も増加しており、20年は2万3000件超の決済が行われた。

口座数と年間決済件数の推移(ジャパンネット銀行)

 ジャパンネット銀行は、コード決済サービスPayPayとの連携を強めている。19年度の新規口座開設数で見ると、個人口座の約3割、法人口座の約4割がPayPay経由だ。同社は4月5日に「PayPay銀行」への商号変更を控えており、連携をさらに強化していく構えだ。

 ネット銀行は、証券や決済サービスとの連携によって、口座数の伸びが加速している。楽天銀行は1月に1000万口座を突破。住信SBIネット銀行は、20年12月末時点で432万口座、auじぶん銀行も12月末に420万口座を突破している。またイオン銀行は20年3月末で715万口座となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -