ニュース
» 2021年02月09日 22時00分 公開

マスクの川本産業が大幅安 経常利益889.3%増も材料出尽くしか

2月8日の決算は大幅な増収増益だったが、株式市場では売りが優勢だった。

[秋月かほ,ITmedia]

 2021年2月9日の株式市場で、マスクなど衛生材料大手メーカーの川本産業(東証2部)が大幅下落。前日比172円安(-8.51%)の1849円で取引を終えた。

株価 Yahoo!ファイナンスより

 同社は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、医療機関や介護施設向け製品を販売するメディカル事業、大手量販店やドラッグストア向けに販売するコンシューマ事業が好調。


川本産業 川本産業の発表(決算短信より)

 2月8日に発表された第3四半期決算では、売上高236億円(前年同期比28.9%増)、営業利益11億1600万円(同約17.4倍)、経常利益11億6900万円(同889.3%増)、純利益9億3900万円(同約13.8倍)と大幅な増収増益だった。通期の業績予測も上方修正されたが、株式市場では「材料出尽くし」とみて、利益確定の売りが集まったもようだ。


川本産業マスク製品 マスクをはじめとした感染管理製品の売り上げが増加中(川本産業のWebサイトより)

 川本産業の株価は、20年1月8日は439円だったが、2月3日には4000円まで高騰。4月に1300円台へ下落し、10月まで同価格帯だったが、11月から再び上昇に転じていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -