ニュース
» 2021年02月21日 08時00分 公開

2020年、世界的に有給休暇の取得が減少 日本は?取得が低下した理由(1/2 ページ)

エクスペディアは「有給休暇の国際比較調査」を世界16地域 (9200人)の人に実施し、その結果を発表した。それによると……。

[ITmedia]

 大手総合旅行ブランドのエクスペディアは「有給休暇の国際比較調査」を世界16地域 (9200人)の人に実施し、その結果を発表した。それによると、2020年は例年と比較して、世界的に有給休暇の取得日数が少ないことが明らかに。調査地域のなかで、例年より増えたのは台湾のみで、通常14日のところ、20年は15日と1日増加した。

例年に比べ、世界的に有給休暇の取得日数が少ない(出典:エクスペディア)

 取得日が最も多かったのは、ドイツとフランスで25日。次いで、英国(17日)、台湾、イタリア(15日)、香港(12日)、カナダ(10日)と続いた。日本は例年10日だったが、20年は9日。「昨年までの調査をみると、日本は世界で有給休暇の取得日数が最も少ない傾向にあったが、20年は日本よりも少ない地域が多くなった」(エクスペディア)

日本の有給取得率は45%(出典:エクスペディア)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -