3分Biz.
ニュース
» 2021年04月05日 16時52分 公開

「仕事中のランチ、好きなものを食べていない」45.7%、理由は?“自席ランチ”頻繁に(1/2 ページ)

仕事中のランチで、食べたいものを食べている人はどのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いた。

[ITmedia]

 仕事中のランチで、食べたいものを食べている人はどのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いたところ「食べている」と答えたのは54.3%に対し、「食べられていない」は45.7%であることが、エデンレッドジャパン(東京都千代田区)の調査で分かった。

仕事中のランチで、食べたいものを食べているか(出典:エデンレッドジャパン)

 食べたいものを食べられていない人に、その理由を聞いたところ「お金がかかる・節約しているから」(45.3%)と答えた人が断トツ。次いで「ランチを食べる時間が十分に取れないから」(13.1%)、「食べたいものが売っていないから」(11.3%)、「メニューの選択肢が少ないから」(9.5%)、「ランチを食べる場所が限られているから」(6.2%)と続いた。

仕事中のランチに食べたいものを食べられていない理由(出典:エデンレッドジャパン)

 悲惨だった仕事中のランチを尋ねたところ「白米のみ」(27歳男性)、「コンビニのおにぎり一つだけ」(34歳男性)、「ポテトチップス、当時給与が激安だったので食事代に回せなかったため」(35歳女性)といった声があった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -