3分Biz.
ニュース
» 2021年04月28日 09時30分 公開

JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置ANAも

日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する

[ITmedia]

 日本航空は4月27日、空港ラウンジでの酒類の提供を一時中止すると発表した。東京都や大阪府に緊急事態宣言が発出されたことを受けての対応。

 対象は羽田空港、伊丹空港、関西空港の国内線ラウンジと、羽田空港の国際線ラウンジ。期間は4月28日〜5月11日を予定している。

JALラウンジでの酒類提供を一時中止(JAL公式Webサイト)

 ラウンジでは、サービスの一環としてソフトドリンクやアルコール類、おつまみなどを提供している。このうち、羽田空港国際線のラウンジでは、ワインテイスターの大越基裕氏がセレクトしたワインや、「はせがわ酒店」が選んだ季節の日本酒などを提供している。

羽田空港国際線のラウンジでは厳選したワインや日本酒を提供(JAL公式Webサイト)

 また、ANAも同期間中、羽田、関西、伊丹の国際線・国内線ラウンジでのアルコールの提供を中止すると発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -