3分Biz.
ニュース
» 2021年05月21日 14時30分 公開

フィットネスクラブの倒産件数、過去10年で最多 売り上げ半減以上の企業も帝国データバンク調査(1/2 ページ)

帝国データバンクの調査によると、2020年度に発生したフィットネス(スポーツジム)事業者の倒産や廃業は累計で26件に上った。

[ITmedia]

 帝国データバンクの調査によると、2020年度に発生したフィットネス(スポーツジム)事業者の倒産や廃業は累計で26件に上った。19年度の23件を上回って過去10年で最多、過去20年間ではリーマン・ショック直後で需要が大きく後退した08年度の29件に迫る勢いとなった。

フィットネスクラブの倒産、休廃業・解散推移(帝国データバンク調べ、出所:プレスリリース)

 同社がフィットネス事業者の業績を調査した結果、通期予想を含めて20年度業績が判明した約500社のうち、7割超で前年度から売り上げが減少していた。減収となった企業の売り上げ減少幅は平均で20%を超え、前年度から半減以上となった企業もある。また、減収企業のうち利益動向が判明した企業約130社をみると、約6割が最終損益で赤字、2割では減益となり、損益面でも影響を受けた企業が8割超に上った。

フィットネスクラブ事業者の7割超が減収(帝国データバンク調べ、出所:プレスリリース)

 フィットネスクラブ業界では近年、大型店舗のほか、提供プログラムを特化した省スペースで割安な小型店舗の出店を進め店舗網を拡大。大型スポーツイベントの開催効果もあって、従来のメイン利用者だったシニア層に加え、会社帰りのビジネスパーソンといった新規顧客層を獲得し、各社の業容は総じて拡大傾向にあった。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大による営業時間短縮や休業、会費免除や休退会者の増加といった問題に直面。新規会員の獲得も伸び悩み、各社とも平時の営業状態へ回復するメドが立たない状況が続いている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -