3分Biz.
ニュース
» 2021年05月21日 14時30分 公開

フィットネスクラブの倒産件数、過去10年で最多 売り上げ半減以上の企業も帝国データバンク調査(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

大手も赤字、中小フィットネスクラブでは経営破綻も増加

 大手事業者でも大幅な赤字を計上するなど非常に厳しい業況を余儀なくされている。帝国データバンクは「経営体力に乏しい中小フィットネスクラブでは、経営破綻や事業継続を断念するケースが増えているほか、大手でも不採算店舗の整理といった動きが目立っている」と指摘する。

(出所:プレスリリース)

 経済産業省によると、近年のフィットネスクラブ利用者は累計で2000万人を超え、20年間で約2倍に増加。しかし、緊急事態宣言の発出や「感染拡大スポット」の例として取り上げられたことが影響し、20年5月には利用者数が19年の5%台まで急落していたという。

 帝国データバンクは「コロナ禍による利用者の急減は想定外の事態で、即座の対応は難しく、会費収入の低下で売り上げ激減を余儀なくされた。加えて、増員したインストラクターに対する給与負担や回収困難となった新規出店費用、既存店の賃料負担がのしかかり、大手では数億円規模の欠損となるケースも出るなど、経営へのダメージがより拡大する要因になった」と指摘する。

 上記を踏まえ同社は、20年度は市場全体で大幅な縮小が見込まれると分析。現状のペースで企業業績が推移した場合、20年度の市場規模推計は5000億円台にとどまる見通しで(事業者売上高ベース)、過去最高となった19年度の約7100億円から3割超の減少となるほか、過去10年で初となる市場縮小を余儀なくされる見込みだと指摘する。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -