3分Biz.
ニュース
» 2021年06月01日 09時58分 公開

紙巻きたばこ、2020年度は初の1000億本割れ 10年で半減

日本たばこ協会は、2020年度(19年4月〜20年3月)の紙巻きたばこ販売実績を公表した。それによると、1年間の販売数量は988億本となり、前年度から16.3%減少。直近30年間で初の1000億本割れとなった。

[ITmedia]

 日本たばこ協会は、2020年度(19年4月〜20年3月)の紙巻きたばこ販売実績を公表した。それによると、1年間の販売数量は988億本となり、前年度から16.3%減少。直近30年間で初の1000億本割れとなった。

紙巻きたばこ販売本数推移

 紙巻きたばこは、30年前の1990年度は3220億本が販売されていたが、96年の3483億本をピークに減少。2003年には3000億本を下回り、11年には2000億円を割っていた。

 直近1年間の販売数上位銘柄は、トップが「セブンスター」の42億本(シェア4.3%)。2位以降、「メビウス・ワン・100'ボックス」「セブンスター・ボックス」「メビウス・スーパーライト」と続く。輸入紙巻きたばこのトップは「ケント・1・100・ボックス」の15億本だった。

紙巻きたばこ上位20銘柄の販売実績
うち、輸入紙巻きたばこ上位10銘柄の販売実績

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -