3分Biz.
ニュース
» 2021年06月15日 09時50分 公開

コロナ疲れ調査 7割の若者がコロナ禍のストレス発散に「お金使う」コロナ疲れがコロナ慣れを引き起こす?

養命酒製造が「コロナ疲れ」調査を発表した。若者世代、リタイア世代ともに長期化するコロナ禍に疲弊していることが分かった。またコロナ慣れを感じている人も両世代ともに5割を超えた。コロナが日本で蔓延してから1年以上が経過しているが現在のコロナ疲れの要因は?コロナ慣れと疲れの関係性は?コロナ禍でのストレス発散に若者、リタイア世代はいくら使っているのか?データをもとに見ていこう。

[ITmedia]

 養命酒製造が6月10日に「若者世代とリタイア世代のコロナ疲れ」調査を発表した。「コロナ禍のストレス発散にお金を使っている」と回答した若者世代は7割、リタイア世代で約6割にのぼったことが分かった。

多くの人がコロナ疲れに悩んでいる(画像提供:ゲッティイメージズ)

 「コロナ疲れを感じているか」尋ねたところ、「感じている」と回答した割合が若者世代では70.8%、リタイア世代は64.6%となった。男女・世代別にみると、最もコロナ疲れを感じているのは若者世代の女性(76.4%)で、最も低い割合はリタイア世代の男性(58.8%)だった。しかし、両世代とも半数以上がコロナ疲れを感じていることから、コロナ禍の非日常にイライラや不満を募らせている人が多いといえる。

両世代で半数以上がコロナ疲れを感じている(養命酒製造調べ)

 コロナ疲れの要因(複数回答)を聞いたところ、両世代で「マスクの着用」(若者世代:36.0%、リタイア世代:42.4%)「外出時間の減少」((同34.4%、43.8%))「友人と会う機会の減少」(同30.6%、42.4%)がTOP3となった。そのほかに若者世代では「スマホ利用時間の増加」や「収入の減少」、リタイア世代では「新型コロナワクチン接種ペースの遅さ」など世代特有の悩みが挙がった。

マスクや外出規制にストレスを感じる(養命酒製造調べ)

 新型コロナウイルスが日本で猛威を振るいはじめてから既に1年以上が経過した。「コロナ慣れを感じている」と回答した割合は若者世代では7割強、リタイア世代で5割にのぼった。両世代に共通して、コロナ疲れを感じている人ほどコロナ慣れしている割合が高いことが分かった。

コロナ疲れしている人ほどコロナ慣れしている傾向に(養命酒製造調べ)

 コロナ禍のストレスを発散するためにお金を使っているか聞いたところ、「使っている」と回答した人の割合が若者世代は67.2%で、リタイア世代(56.0%)よりも11.2ポイント高い結果となった。1カ月の消費平均額は若者世代が8360円、リタイア世代で1万739円となった。

両世代とも5000〜1万円未満が最多(養命酒製造調べ)

 調査は5月21日から24日に、インターネットで実施。全国の20〜34歳の若者世代500人と65〜79歳のリタイア世代500人の合計1000人を対象とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -