3分Biz.
ニュース
» 2021年06月21日 18時00分 公開

Uber Eatsが「徒歩での配達」導入 東京23区が対象自転車を使わず

Uber Eatsが、徒歩での配達を始める。自転車を持っていない人でも、配達を始められるようにし、配達の人員を確保する。

[ITmedia]

 Uber Japanは6月21日、フードデリバリーサービス「Uber Eats」で、徒歩での配達を始めると発表した。22日から東京23区で導入する。自転車を持っていない人でも配達を始められるようにし、配達の人員を確保する。

photo Uber Japanのニュースリリースより

 自転車の駐輪にかかる時間を短縮でき、階段や細い路地も使えるため、近距離の配達を効率化できるという。

 すでにUber Eatsに登録している配達員は、スマートフォンアプリで「車両を変更」を選べば、自転車から徒歩での配達に切り替えられる。徒歩を選んだ場合でも、Uber Eatsの対人・対物賠償責任保険、傷害補償制度の適用対象になる。

 同様の取り組みは、ニューヨークや香港など海外の大都市でも導入している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -