3分Biz.
ニュース
» 2021年06月25日 15時30分 公開

JR西、新型の電気式気動車「DEC700」を導入 次世代車両への転換に向けた検証を推進ハイブリッド方式への変更も可能

JR西日本が新型電気式気動車「DEC700」を導入すると発表した。

[ITmedia]

 JR西日本は6月25日、新型電気式気動車「DEC700」を導入すると発表した。安定性や快適性、メンテナンス技術の向上と効率化などを図るため、次世代車両への転換に向けた技術検証を実施するとしている。

JR JR西日本公式Webサイト

 DEC700は、ディーゼルエンジンと発電機による電力でモーターを駆動させて走行する。また、バッテリーの搭載によるハイブリッド方式への変更も可能としていて、同社では今後、ハイブリッド方式についての検証試験も実施するとしている。

JR西日本 新型電気式気動車イメージ(出所:プレスリリース)

 同社によると、電車・気動車のシステムを統合することでメンテナンス技術の効率化が期待でき、機械部品の削減で運行時やメンテナンス時の安全、安定性の向上が期待できるという。また、従来の工法よりもユニット化を進めていて、運転台や機器室をユニットとして車両に組み込むことで、工期の短縮やコスト低減にもつながるとしている。

広島 電気式気動車の方式 イメージ(出所:プレスリリース)

 デザインは、中国地域色である黄色をベースカラーとした。新型電気式気動車は1両製造し、「広島支社 下関総合車両所 新山口支所」(山口市)に配置。今後、試運転や性能確認試験、将来に向けた各種技術検証を実施するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -