3分Biz.
ニュース
» 2021年06月25日 18時56分 公開

ココイチの壱番屋、純利益5倍 テークアウトで需要増、時短協力金などで増益22年2月期第1四半期

壱番屋の2022年2月期第1四半期(21年3月〜5月)連結業績は、純利益が前年同期比約5倍の12億5800万円だった。テークアウトの需要増に加え、補助金や投資有価証券の売却益もあり、増益につながった。

[ITmedia]

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋が6月25日に発表した2022年2月期第1四半期(21年3月〜5月)連結業績は、純利益が前年同期比396.7%増の12億5800万円だった。テークアウトの需要増に加え、補助金や投資有価証券の売却益が増益に寄与した。

photo 壱番屋の公式サイトより

 売上高が7.1%増の110億6100万円、営業利益が107.2%増の6億8400万円、経常利益は179.4%増の11億3800万円だった。

 新型コロナウイルスの影響が続く中、宅配やテークアウトなどの弁当需要を取り込むことに注力。ウーバーイーツや出前館といった配達代行の拡充や、Web広告を用いた販促活動に取り組み、売上を伸ばした。

 また、営業外収益として営業時間短縮による時短協力金などの補助金を、特別利益として投資有価証券売却益を計上したため、経常利益、純利益が大きく伸びた。

photo 壱番屋の決算資料より

 22年2月期(21年3月〜22年2月)は、売上高が前年比9.5%増の235億円、営業利益が同64.5%増の17億6000万円、純利益が同189.0%増の19億6000万円を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -