3分Biz.
ニュース
» 2021年06月28日 13時46分 公開

“一方通行”になりがちのSMS、企業と個人間で“双方向”に 携帯3社が利用促進使いづらかった

[ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは6月28日、個人と企業間でSMS(ショートメッセージサービス)を送受信するために利用する番号を共通化すると発表した。これまで一方通行で使われがちだったSMSを、双方向のやりとりでも使いやすくする狙いがある。

photo 3社のニュースリリースより

 SMSは携帯電話番号だけでテキストを送れるため、企業が個人に二段階認証のコードを送る──など、主に片方向の連絡手段として使われている。一方、個人と企業間で送受信するには、企業側が携帯3社の利用者向けにそれぞれ個別の番号を用意する必要があり、「双方向のコミュニケーションツールとして使いづらかった」(3社)という。

 今回の共通化により、1つの番号でSMSの問い合わせを受け付け、同じ番号からSMSで回答が可能になる。例えば、荷物配達前のSMS通知と不在時の再配達の依頼といった利用を想定している。

 楽天モバイルも参加を検討しているという。

photo 6月28日以降、順次提供する=3社のリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -