3分Biz.
ニュース
» 2021年06月28日 18時30分 公開

日本郵便が「置き配保険」導入 盗難の不安を解消へ1万円まで補償

日本郵便は、置き配の荷物が盗まれたときに、保険金を支払う「置き配保険」を導入すると発表した。盗難1件当たり最大1万円まで補償する。

[ITmedia]

 日本郵便は6月28日、置き配の荷物が盗まれたときに、保険金を支払う「置き配保険」を導入すると発表した。置き配は、非対面で荷物を受け取れる一方、盗難を懸念する声もある。そうした利用者の不安を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

photo 日本郵便が「置き配保険」を導入する=写真はイメージ(提供:ゲッティイメージズ)

 日本郵便との間で保険の導入に合意している事業者から、差し出された荷物が対象。盗まれた商品の購入代金を補償する。盗難1件当たりの支払い限度額は1万円(送料、消費税、使用ポイント分を含む)。適用回数の上限は、1年当たり2回まで。

 利用者が置き配を選ぶと、自動的に保険が付く。保険料は日本郵便が負担する。東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパンの3社が協力している。

photo 日本郵便のニュースリリースより
photo 日本郵便のニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -