3分Biz.
ニュース
» 2021年06月28日 21時00分 公開

話しやすく、歌える「入れ歯」を開発 デジタル技術活用口に入れた時の違和感を解消!

「しゃべりにくい」「歌が歌いにくい」入れ歯に関する悩みは後を絶たない。課題は口に入れた時の「違和感」が大きいことだ。今回、そんな違和感を解消する「入れ歯」が誕生した。「しゃべりにくさ」を解消し、歌も歌えるようになる入れ歯とは?製作をデジタル化したという入れ歯を見てみよう。

[ITmedia]

 歯科技工メーカーの三和デンタル(東京都大田区)が「話しにくい」「歌いにくい」を解消する入れ歯「スマイルデンチャー"Sing(シング)"」を開発した。7月15日から7月15日から販売する。

コンセプトは「話しやすい」「歌える」入れ歯(以下、リリースより)

 入れ歯はオーダーメイドで、シリコンや金属など複数の材料を使用する。制約も多く、複雑な工程を踏んで完成する。今回、これまで手作業で行っていた入れ歯の設計をデジタル化した。金属部分を3Dプリンターで製作することで、従来は難しかった薄さを実現し、「話しやすくい」「歌える」入れ歯を生み出した。

金属部分を3Dプリンターで製造

 同社によると、「入れ歯を使う目的は、失った歯の役割を補うため、咀しゃく機能を改善することです。それに加え、見た目や機能性を求められることも多いです。設計をデジタル化することで、患者のニーズを満たす入れ歯の開発につながりました」という。

従来の入れ歯に比べて話しやすさが向上

 今後の展開として同社は、「少子高齢化が進む日本では、今後、義歯の利用者が増加すると予測されます。患者のニーズに合わせ、義歯利用者のQOLを高めていきたい」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -