3分Biz.
調査リポート
» 2021年06月26日 10時00分 公開

地方暮らしで住みたい地域ランキング 3位「神奈川県」、2位「長野県」、1位は?約半数が地方暮らしに「関心あり」

コロナ禍で地方移住のニーズや二拠点生活に対する需要が高まっている。「地方暮らしに関するアンケート」の中で、地方暮らしで住みたい地域が発表された。都内へのアクセスの良さや働く環境などさまざまな要素があると思うが、どこが1位になったのだろうか。

[ITmedia]

 ふるさと納税サイトを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)は、「地方暮らしに関するアンケート」の結果を発表した。その結果、地方暮らしをする際に住みたい地域1位は「北海道」(15.6%)だった。

地方暮らしのニーズは高まっている?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 次いで、「長野県」(11.8%)、「神奈川県」(11.5%)の順となった。20年に同社が行った調査と比較して「青森県」(5.7%)、「宮城県」(4.9%)、「岩手県」(4.7%)など東北エリアの人気が高まった。

 住みたい地域を選んだ理由では、「出身地・住んだことがある」が約3割を占め、1位となった。

地方暮らしは北海道が人気(出所:リリース)

 ワーケーションについても尋ねたところ、ワーケーションをした人は、全体の13.5%だった。滞在先の上位3位は、「北海道」(21.3%)、「岩手県」(18.9%)、「東京都」(16%)となった。

 ワーケーション先としては、「過去に住んだことがある」以外にも、「食」や「街歩き」が堪能できる場所が選ばれる傾向にあることが分かった。

ワーケーションでも北海道が人気だ(出所:リリース)

 新型コロナウイルスの影響で、テレワークやワーケーションが活発になった1年だった。「地方暮らしに関心があるか」という質問に対し、58.3%の都内在住者が「関心がある」と回答した。20年の調査結果は56%と微量だが増加した。

 地方暮らしへの関心を年代別で分析したところ、20〜30代が高かった。「すでに二地域居住やワーケーションを始めている」(81.1%)、「する予定」(71.5%)と回答し、20年の調査と比較して約25%増加している。

地方暮らしへの関心は高まっている(出所:リリース)

 調査は6月10〜16日にインターネットで実施。東京都内に住む20歳以上の男女1049人を対象とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -