3分Biz.
ニュース
» 2021年06月29日 09時45分 公開

セコムとトヨタ 公道をパーソナルモビリティで巡回 警備員の負担軽減実証運用

セコムが、トヨタ自動車と連携し公道でパーソナルモビリティを活用した巡回警備の実証運用を開始すると発表した。

[ITmedia]

 セコムは6月28日、トヨタ自動車と連携し、公道でパーソナルモビリティを活用した巡回警備の実証運用を開始すると発表した。東京都江東区のテレコムセンタービルや青海フロンティアビル周辺の巡回警備時に、トヨタ自動車が開発中の「歩行領域EV(警備実証用モデル)」を活用。運用上の課題などを見いだすとしている。

セコム 歩行領域EV(警備実証用モデル、出所:プレスリリース)

 歩行領域EVの利用時はヘルメットを着用し、原動機付自転車の運転に必要な免許の保有者が使用する。走行場所は、警備の対象となる建物周辺の歩道や横断歩道など、あらかじめ許可を得たエリアのみとし、歩道や横断歩道の最高速度は時速6キロ以下とした。

 労働力の確保が大きな社会課題となる中、警備業界でも警備員の負担軽減や労働環境の改善などが必要とされている。同社ではその解決手段として、広域エリアでの巡回警備業務の効率化などを目的に、歩行領域EVの活用検討を進めている。

 同社は、歩行領域EVを活用することで巡回時間が短縮でき、警備員の体力的な負担軽減につながるとしている。また、AEDや拡声器などの装備品を携帯しての警備が可能となる上、周囲からの注目度が高まることから犯罪抑止効果も期待できる。

トヨタ 装備品を携帯できる(出所:プレスリリース)

 同社は今後も検証を重ね、効率的な新しい警備の実現を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -