3分Biz.
ニュース
» 2021年07月15日 18時15分 公開

ファストリ、大幅な増収増益 業績予想は下方修正

ファーストリテイリングは7月15日、2020年9月〜21年5月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。

[ITmedia]

 ファーストリテイリングは7月15日、2021年8月期第3四半期(20年9月〜21年5月)の連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、売上高にあたる売上収益が1兆6980億円(前年同期比9.9%増)、営業利益が2278億円(同72.1%増)、純利益は1513億円(同67.0%増)と、大幅な増収増益となった。

 上期はユニクロ事業を中心に収益性が改善し、大幅増益となったことに加え、第3四半期連結会計期間の3カ月間は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた前年に対し、全てのセグメントで業績が回復したことが影響した。

 国内ユニクロ事業の売上収益は6751億円(前年同期比12.7%増)、営業利益は1195億円(同51.0%増)だった。上期は在宅需要にマッチした商品や秋冬コア商品の販売が好調だったことに加え、第3四半期連結会計期間の3カ月間も、前年の業績ハードルが低かったことで大幅な増収増益となった。

 第3四半期連結会計期間の3カ月間は、Uniqlo UのTシャツ、感動パンツなどの夏物商品や、ラウンジウェア、ウルトラストレッチアクティブパンツなどの商品の販売が好調だった。また、Eコマースの売上高は増収と順調に拡大しているという。

 一方で、新型コロナウイルスの影響が想定以上に大きかったことに加えて、商品の新しさやニュース性を伝えきれなかったことで販売に苦戦。計画を下回る業績となった。

ファーストリテイリング決算説明会資料より

 国内事業の業績減速などを考慮し、2021年8月期の連結業績予想を下方修正した。売上高にあたる売上収益は従来予想から600億円減の2兆1500億円、営業利益は100億円減の2450億円、純利益は当初予想を据え置き1650億円を見込んでいる。

ファーストリテイリング決算説明会資料より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -