連載
» 2021年07月16日 09時00分 公開

“雑草バブル”の熱狂 200万円超の落札事例も古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」(1/3 ページ)

今「雑草バブル」がピークを迎えている。ネットオークション最大手のヤフオクでは、これら観葉植物を中心とした高額取引事例が増加している。10万円を超える価格で落札されたものはここ半年で数百件にも上っており、数十万円での取引も珍しくなくなりつつある。

[古田拓也,ITmedia]

 今「雑草バブル」がピークを迎えている。

 コロナ禍では新たな生活様式の一つとして手作りスイーツに挑戦する家庭が増えるなど、さまざまなブームが巻き起こった。そんな中で意外なブームの種となっているのが“雑草”だ。

 「雑草バブル」は、ネットオークションを中心とした希少植物・観葉植物の価格が高騰している現象を指した言葉だ。ベテランの愛好家からは、これらの植物を買いたい人々が最近にわかに増加したことで、希少な植物に手が出づらくなっていることを自虐的に「雑草バブル」という使い方がなされているようだ。

 現に、ネットオークション最大手のヤフオクでは、これら観葉植物を中心とした高額取引事例が増加している。10万円を超える価格で落札されたものはここ半年で数百件にも上っており、数十万円での取引も珍しくなくなりつつある。

ヤフオクで「フィロデンドロン」を探すと、100万円を超える落札が多数見つかる

 最も高い値段で落札される観葉植物は「フィロデンドロン」と呼ばれる、細長い葉っぱが特徴の小ぶりな植物である。その中でも、サイズが大きかったり、葉っぱに美しいまだら模様などが入っていたりするものが愛好家に特に好まれている。

 フィロデンドロンのここ半年における10万円以上の落札事例は180件で、そのうち10件が100万円超で落札されている。最高落札額は280万円で、129件もの入札合戦が今年の3月に繰り広げられた。7月15日現在で開催中のオークションでは、50件以上の入札が入っており、70万円以上の値段を付けているフィロデンドロンが出品中である。

 愛好家の間でにわかに広がりをみせつつある「雑草バブル」。それでは、一般人の間でもこのような観葉植物はブームになりつつあるのだろうか。今回は、グーグルの検索ボリュームの変化を時系列で確認できる「GoogleTrends」のデータから一般人における雑草への関心を調査した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -