ニュース
» 2021年07月17日 09時00分 公開

KADOKAWA、毎月2000円「サブスク手当」支給 映像やゲームなど対象福利厚生

KADOKAWAが「サブスク手当」を導入。映像や音楽、ゲームなどのサブスクを1つ以上契約している従業員に、毎月2000円を支給する。

[ITmedia]

 KADOKAWAは、7月から従業員向けに「サブスク手当」を導入した。エンタメジャンルのサブスクを1つ以上契約している従業員に、毎月2000円を支給する。「ビジネスの源泉である従業員のクリエイティブな発想を支える、新たな福利厚生施策」(同社)という。

photo KADOKAWAのニュースリリースより

 映像、ゲーム、音楽、コミック、情報誌など50以上のサービスが対象。テレワークの増加や外出自粛によって自宅で過ごす時間が増える中、従業員の余暇の充実とクリエイティブな発想を促す。従業員からの「誰もが活用できるサービスがほしい」といった声を参考に導入した。

 サブスク手当に加え、ドワンゴの学習アプリ「N 予備校」の一部も、社員に無料で開放する。プログラミングやWebデザインなどのコースを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -