金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年08月24日 18時12分 公開

LINE、NFTを活用したデジタル景品の実証実験 ヤフオクでのNFT売買も予定

LINEは8月31日から、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTを活用したデジタル景品の実証実験を開始する。企業は販促施策として、NFTを使ったデジタル景品をLINEユーザーに配布できるようになる。

[斎藤健二,ITmedia]

 LINEは8月31日から、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTを活用したデジタル景品の実証実験を開始する。企業は販促施策として、NFTを使ったデジタル景品をLINEユーザーに配布できるようになる。

実証実験のフロー図

 これまでLINEを使ったデジタル景品は、LINEポイントが主流だったが、景品を通じたブランド訴求や、他社景品との差別化が難しいことが課題の一つだった。一方、スマホ用壁紙などのデジタル景品は容易に複製できることが課題となっていた。

 今回の仕組みでは、ブロックチェーン上でデジタルアイテムの保有を証明できるNFTを景品として配布できるようにし、課題を解決する。静止画だけでなく動画を組み合わせることも可能だ。NFTの課題として、ウォレットと呼ばれる専用のアプリのダウンロードなどが必要だったが、LINEアプリに機能を組み込むことで、取り扱いを容易にした。

 NFTは、LINEのユーザー同士でのトレードや、仮想通貨取引所を営む子会社のLVCが運営する「NFTマーケットβ」でも売買を可能とする。今後は、ヤフーが運営するヤフオク!での売買も予定している。

 実証実験では、クイズに回答した人に先着でデジタルトレーディングカードがもらえるなどのキャンペーンを行う。3日間で20万枚のデジタルトレーディングカードをNFTとして配布する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -