3分Biz.
ニュース
» 2021年09月02日 08時00分 公開

賃貸のトラブルTOP3は? 在留外国人と日本人で違い家賃滞納(1/2 ページ)

在留外国人専門の賃貸仲介・総合サービスを提供するアットハース(東京都千代田区)は、2500人を超える在留外国人の賃貸仲介の実績を元に、在留外国人における賃貸の実態調査し、その結果を発表した。

[秋月かほ,ITmedia]

 在留外国人専門の賃貸仲介・総合サービスを提供するアットハース(東京都千代田区)は、2500人を超える在留外国人の賃貸仲介の実績を元に、在留外国人における賃貸の実態調査し、その結果を発表した。

 外国籍契約者は「家賃滞納リスクが多そう」「入居後のトラブルが心配」といったマイナスイメージを想像する人が多いかもしれないが、実態はどうなのだろうか。

賃貸のイメージ 在留外国人の賃貸事情は?(写真ACより

 「大家が在留外国人を敬遠する理由」を調べたところ、1位は「トラブルになった時の対処」(65%)だった。これは使用言語に関係する問題で、トラブルや緊急時のコミュニケーションを懸念する大家が多いものと推測される。

 続く2位は「家賃滞納・未払いのリスク」(61%)、3位は「生活ルール・日常でのトラブルリスク」(59%)という結果になった。

大家が在留外国人を敬遠する理由 大家が在留外国人を敬遠する理由

 次に在留外国人と日本人の賃貸に絡む比較として「入居審査通過率」を調査したところ、「在留外国人」は61.4%、「日本人」は83.2%。入居審査通過率は日本人のほうが高く、在留外国人にとっては「希望する暮らし」を手に入れることは容易ではないことがうかがえた。

在留外国人と日本人の「入居審査通過率」比較 在留外国人と日本人の「入居審査通過率」比較
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -