3分Biz.
ニュース
» 2021年09月05日 07時00分 公開

タカラトミー、電池を使わず走行する「プラレール」 62年の歴史で初「はやぶさ」と「こまち」

タカラトミーは9月3日、プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 タカラトミーは9月3日、プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズを発表した。プラレールとして初めて電池なしでの電動走行を可能とし、子どもが遊びながら再生可能エネルギーの仕組みを学ぶことができる商品として訴求する。

プラレール 「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズ(出所:プレスリリース)

 同シリーズの第1弾として、10月21日に「E5系新幹線はやぶさ」と「E6系新幹線こまち」(希望小売価格:各4180円)を発売する。車体を床やテーブルの上などで前後に転がして車輪を回転させることで発電する仕組みを採用。約30秒間チャージすることで約7メートル(正円に組んだレイアウト約5〜6周分)を、電池を使わずに電動走行できるようにした。

はやぶさ 前後に転がすことで発電(出所:プレスリリース)

 必要な電力を子どもの手の力だけで作りだすため、新たに特殊なシステムを開発。前進・後進両方向からの手転がしにより発電・蓄電するメカニズムで電動走行する。

こまち 独自のメカニズムを新たに開発(出所:プレスリリース)

 1959年に発売したプラレールは、2021年3月末現在、日本国内で累計約1800種類、1億7700万個以上を販売している。電池を使用せずに電動走行する商品は、プラレール62年の歴史の中で初めてだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -