3分Biz.
ニュース
» 2021年10月01日 13時53分 公開

総務省、IIJに行政指導 個人情報漏えいで

総務省は一部サービスで個人情報の漏えいがあったとして、インターネットイニシアティブ(IIJ)に対し、電気通信事業法に基づく行政指導を書面で行った。同省は同社に、再発防止策の徹底とデータガバナンスの強化を求めている。

[ITmedia]

 総務省は9月30日、一部サービスで個人情報の漏えいがあったとして、インターネットイニシアティブ(IIJ)に対し、電気通信事業法に基づく行政指導を書面で行ったと発表した。総務省は同社に、再発防止策の徹底とデータガバナンスの強化を求めている。

photo 総務省

 情報漏えいは、2020年3月から21年7月にかけて計6件発覚。内訳は他社MVNOとの通話記録(16回線、138通話)、法人ユーザーのメールアドレス(法人契約6契約、メール106通)、過去に同じ電話番号を使用していたユーザーのSMS送信数(254件)とデータ通信への接続履歴(個人契約の2ユーザー)、別ユーザーの日別のデータ利用料(個人契約の1ユーザー)、電話番号の一部や請求金額、契約情報(個人契約の254ユーザー)。

 同社は原因について「ソフトウェアの不良、作業時の誤認によるデータ不整合」と説明。該当するユーザーには既に説明と謝罪をしているという。

photo 情報漏えいの内訳

 同社は行政指導に対し「このたびの行政指導を厳粛に受け止め、全社を挙げて再発防止に向けた対策を実施し、お客さまからの信頼回復に努めてまいる」としている。

photo 総務省のプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -