3分Biz.
ニュース
» 2021年10月06日 14時03分 公開

民間初の「ワクチンパスポートアプリ」提供へ その特徴は?近日リリース

メディカルチェック推進機構とICheckが、コロナワクチンの接種記録の表示や協賛企業からのクーポン券付与などの特典を受けられるアプリ「ワクパス」(iOS/Android、無料)の提供を始めると発表した。アプリの審査に時間がかかっており、リリースは近日中。

[樋口隆充,ITmedia]

 健康診断の受診率向上に向けた活動を行うメディカルチェック推進機構(東京都板橋区)は10月6日、新型コロナウイルスの検査キットなどを手掛けるICheck(東京都千代田区)と共同で、コロナワクチンの接種記録の表示や協賛企業からのクーポン券付与などの特典を受けられるアプリ「ワクパス」(iOS/Android、無料)の提供を始めると発表した。

photo 接種記録をスマホで表示するアプリ「ワクパス」

 接種証明アプリのリリースは民間初の取り組み。2社はワクチン接種率の向上とコロナの感染拡大防止、コロナ禍で停滞した社会経済活動の再生を狙う。米グーグルとアップルによるアプリの審査に時間がかかっており、リリースは「近日中」としている。

 ワクパスは運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付きの本人確認書類と、ワクチン接種券の画像をアップロードすることで、スマートフォンでワクチン接種証明を表示できるアプリ。アパホテルや鹿島アントラーズ、かっぱ寿司、JT、HISなど民間企業10社と連携しており、ユーザーはアプリ上でワクチン接種によるインセンティブを受けられる。例えば、アパホテルは同アプリで接種証明を提示することで、宿泊時の延長料金を無料にするという。

photo 協賛企業一覧

 リリース時は2回の接種記録を表示する機能のみだが、今後、3回目の接種「ブースター接種」への対応や、陰性証明書の発行、海外渡航に向けたグローバルパスとの連携機能を追加する方針。

photo 今後の予定

 政府もワクチンパスポートアプリの発行を予定しているが、メディカルチェック推進機構の香山充弘理事長は「ワクチン接種履歴を記載するという点では政府のワクチンパスポートと同じだが、(アプリを)公的チェックに使うことは想定していない」とし、あくまで民間主導の自主的な取り組みであることを強調した。

photo メディカルチェック推進機構の香山充弘理事長

 日本国内では各自治体や企業でワクチン接種が進む一方、中にはアレルギーなどでコロナワクチンを接種できない人もいる。これに対して、アプリを開発したICheckの山口慶剛取締役は「アプリはコロナの感染拡大防止が主な目的。ワクチンを接種できない方の不利益にならないよう配慮し、検査などによる代替措置も検討していきたい」としている。

photo ICheckの山口慶剛取締役

 ワクチン接種でインセンティブを与える取り組みを巡っては、東京都が「LINE」経由でクーポン券やポイントを付与する事業を10月末をめどに開始する方針を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -