3分Biz.
ニュース
» 2021年10月23日 08時00分 公開

JAL、空飛ぶクルマ実用化へ 万博に向け実証実験25年度の事業化目指す

JALは、空飛ぶクルマを使ったエアタクシー事業の開始に向け、ヘリコプターを活用した環境調査を実施すると発表した。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は、空飛ぶクルマを使ったエアタクシー事業の開始に向け、ヘリコプターを活用した環境調査を実施すると発表した。同社は2025年に開催される大阪・関西万博で、会場と関西国際空港などを結ぶエアタクシーサービスを計画していて、多様な機体が共存できる運航環境の構築につなげるとしている。

 実施時期は2021年11月〜22年2月。大阪・関西万博会場である大阪市の夢洲上空をヘリコプターで飛行し、飛行環境や地上設備に関する制約などを調査する。

空飛ぶクルマ 大阪上空の眺め(出所:プレスリリース)

 また、22年2月には、空飛ぶクルマの社会実装に向けた「大阪ラウンドテーブル」に参画しているドイツのVolocopter社と協力し、大阪上空でのヘリコプターによる飛行風景と、空飛ぶクルマの機内風景を組み合わせたバーチャルフライトを提供する。空飛ぶクルマを身近に感じてもらう他、バーチャルフライト体験前後に実施するアンケートで顧客期待度の調査を進める。

空飛ぶクルマ Volocopter製エアタクシー「VoloCity」(出所:プレスリリース)

 「空飛ぶクルマ」は、ヘリコプターに近い機動性を生かし、エアタクシーサービス、救急救命、災害対応など幅広い分野での活躍が期待されている。同社はプロジェクトで得られた結果を大阪ラウンドテーブルとも連携し、空飛ぶクルマの飛行の実現・普及に貢献したいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -