ニュース
» 2020年11月04日 14時44分 公開

有人飛行に成功:「空飛ぶクルマ」内部が公開 実際に座って分かったSkyDrive社の狙い (1/2)

空を自由に移動してみたい――。誰もが一度は考えたことがあるだろう。その夢が近い将来実現するかもしれない。有人飛行に成功した空飛ぶクルマを開発したSkyDriveが、展示用モデルの一般公開を開始した。

[上間貴大,ITmedia]

 空を自由に移動してみたい――。そんな夢が近い将来実現するかもしれない。

 「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動垂直離着陸機の開発と販売を目指すスタートアップ企業SkyDrive(東京都新宿区)が、8月に空飛ぶクルマの有人飛行に成功したことが話題になった。同社はその展示用モデルを10月4日から都内で一般公開している。

(出所:プレスリリース)

 空飛ぶクルマは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」といい、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴だ。

一般公開している展示用モデル

 有人飛行に成功した機体は1人乗りで、パイロットが操縦をするが、コンピュータ制御のアシストで飛行を安定させているという。また、バックヤードでは飛行状態をモニタリングし、安全を常時確認している。

 一般公開の会場では静止状態の機体に乗ることができる。機体の内部はどうなっているのか。実際に乗り込んでみた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -