3分Biz.
ニュース
» 2021年10月23日 08時00分 公開

Jリーグのガンバ大阪、サッカースタジアムで防災キャンプ開催 試合日以外の集客の一環(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

試合日以外の集客が課題

 イベントは、同クラブが主催するビジネス講座「ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー」(GBA)の受講生が企画。Jリーグ全体として、試合日以外のスタジアムへの集客が課題だったことに加え、コロナ禍での観客の収容制限により、各クラブは財政面で大きなダメージを負っていることなどが企画の背景にあった。

 同クラブも例外ではなく、施設の有効活用や減収分を補うことなどを念頭に、キャンプを開催する。

 パナスタはパナソニックがネーミングライツを保有するサッカー専用スタジアム。クラブの運営会社がスタジアムの指定管理者となっており、クラブのサポーターや企業からの募金を中心に約140億円をかけて2016年2月に開業。収容人数は約4万人で、正式名称は吹田市立吹田サッカースタジアム。

photo
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -