3分Biz.
ニュース
» 2021年11月01日 12時40分 公開

旅行の意識はどう変わった? 予定している国内旅行の行き先緊急事態宣言解除後(1/3 ページ)

JTB総合研究所は、「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行に関する意識調査」を実施。その結果、外出・旅行への意識は、緊急事態宣言解除後も大きく変わらないことが分かった。

[秋月かほ,ITmedia]

 JTB総合研究所(東京都品川区)は、「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行に関する意識調査」を実施。その結果外出・旅行への意識は、緊急事態宣言解除後も大きく変わらないことが分かった。

ハロウィンのイメージ 「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行」に関する調査、結果は?(写真ACより)

 今後予定・検討している国内旅行の時期について調査したところ、全体の35.8%の人が「今後1年以内に予定・検討している」と回答し、前回より1.3ポイント増加したことが分かった。男女年代別で意向が高かったのは、男女20代(男性44.9%、女性49.7%)、男性30代(同37.6%)、男性60歳以上(37.2%)だった。

今後予定・検討している国内旅行の時期 今後予定・検討している国内旅行の時期(男女年代別)

 今回の調査は、緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置が解除された直後だったが、「今後予定・検討している国内旅行の時期」に対して「分からない」(40.9%)と回答している人が2.7ポイント増加している点からみても、旅行意向が大きく上がったとはいい難い。

今後1年以内に国内旅行を予定・検討している割合(21年7月・10月調査比較) 今後1年以内に国内旅行を予定・検討している割合(21年7月・10月調査比較)

 しかし今回と前回の調査を比較すると、女性全体で1.3ポイント、女性20代(49.7%)では4.6ポイント増加し、男性20代よりも高い結果となった。また女性40〜50代の意向自体は同年代男性より低いものの、前回よりそれぞれ2.7ポイント、3.0ポイント上昇し、男性より高い伸び率となった。

 これらの結果から、今回の調査では過去の調査で低めだった女性の意向が総じて上昇したことが特徴といえる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -