3分Biz.
ニュース
» 2021年11月17日 16時08分 公開

横浜みなとみらいに2万人規模の音楽アリーナ 名称は「Kアリーナ横浜」に決定2023年秋の開業予定

ケン・コーポレーションが横浜みなとみらい21地区で進めている大規模複合開発について、同施設内に建設する音楽アリーナの名称を「Kアリーナ横浜」に決定したと発表した。

[ITmedia]

 住宅やオフィスの賃貸仲介などを手掛けるケン・コーポレーション(東京都港区)は、横浜みなとみらい21地区で進めている大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」について、同施設内に建設する音楽アリーナの名称を「Kアリーナ横浜」に決定したと発表した。2023年秋の開業予定としている。

Kアリーナ 「Kアリーナ横浜」(出所:プレスリリース)

 Kアリーナ横浜の客席数は2万席。ステージ前方のアリーナに加え、三層構造の扇型の形状とすることでスタンド全席がステージ正面を向き、迫力ある空間と一体感を演出した。

 また、専用ラウンジやボックス、ロビーを設けた「VIPエリア」を用意する他、7階には横浜の夜景が楽しめるバーラウンジを設置する。

Kアリーナ VIPエリアを用意

 あわせて、併設するツインタワーのホテル棟には「ヒルトン横浜」が進出、オフィス棟の名称は「Kタワー横浜」とし、開発街区全体の名称は「ミュージックテラス」とすることも発表した。

 オフィス棟の「Kタワー横浜」は、同エリアでは供給の少ない、中規模(基準階専有部 200坪強)のオフィスとした。また、エントランスホールにはカフェを配置し、アリーナでのイベントがない日でも、日常的に活気あふれる施設を目指すとしている。

 ミュージックテラスの中央には「ヒルトン横浜」が開業する。同社が関連会社を通じて米・ヒルトンとフランチャイズ契約を締結し、所有・運営する。客室はスイートを含む339室で、その他にスペシャリティレストラン、オールデイダイニング、カフェ・バーラウンジの他、エグゼクティブラウンジや宴会場などを備える予定としている。

Kアリーナ アリーナ内観(イメージ図)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -