3分Biz.
ニュース
» 2021年11月25日 16時43分 公開

三菱自、新車のオンライン販売“解禁” 「楽天市場」でSUVなど計6車種ホンダに続き

三菱自動車は、楽天グループが運営するECサイト「楽天市場」で新車販売を始めると発表した。同社のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の一環で、SUVなど計6車種を扱う。

[ITmedia]

 三菱自動車は11月25日、楽天グループが運営するECサイト「楽天市場」で新車販売を始めると発表した。同社のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の一環で、SUVなど計6車種を扱う。

photo 三菱自動車の店舗(出典:同社公式Webサイト)

 同日開設した「三菱自動車 楽天市場店」では、SUVの「『エクリプス クロス』PHEVモデル」、「『アウトランダー』PHEVモデル」、軽自動車の「eKクロス」、「eKワゴン」、「eKクロス スペース」、「eKスペース」の6車種を販売する。

photo PHEVの車種一覧
photo 軽自動車の車種一覧

 販売には、三菱自動車ファイナンス(東京都港区)が取り扱う月額制の定額サービス「ウルトラマイカープラン」を活用する。ユーザーは、商品内容の確認、車体のカラーやオプションなどの仕様の決定、購入申し込みまでを楽天市場上で行うことが可能。書類郵送で与信審査と契約手続きを行い、納車やアフターサービスは、最寄りの三菱自動車のディーラーで受け付ける。

photo 「ウルトラマイカープラン」

 三菱自は「今後も、多様化するユーザーのニーズに応えるため、自動車販売におけるDX推進に取り組み、新しい顧客体験と利便性の高いサービスの提供を検討していく」としている。

 日本国内の自動車メーカーでは、ホンダが10月、オンラインストア「Honda ON」を開設し、新車のオンライン販売を開始していた。

photo 「三菱自動車 楽天市場店」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -